【au】iPhone7への機種変更とMNP乗り換え どのキャリアを選ぶ?

現在auで利用中のiPhone6からiPhone7(またはiPhone7 plus)へMNP(番号ポータビリティ)乗り換えも含めて料金比較をしてみました。

auの機種変更のタイミング。乗り換えるなら更新月にMNP転出したいところ。

【au】iPhone7への機種変更のタイミングを考える
auユーザーのiPhone7への機種変更はどのタイミングでするのがベスト?キャリアを変更するなら違約金を払わずに、継続するなら料金の支払いをできるだけ少なくなる時期を考えます。

毎月割の適用期間の落とし穴。docomoもSoftBankも同様のトラップあり。

iPhone6に機種変更した月のauの請求が高くてびっくり!
auでiPhone6に機種変更したらば、機種変更月の毎月割が適用されないというトラップにひっかかりました!auの毎月割のシステムをもう一度チェック!

わたしの場合はauで機種変更することにしてもMNPで乗り換えるにしても10月がよいです。

 1.iPhone7、iPhone7 plusの端末料金比較

auで機種変更、docomoにMNP、SoftBankにMNP、apple storeでSIMフリー機購入の4パターンで料金(税込)を比較してみます。

機種audocomoSoftBankapple store
iPhone7
32MB
79,200円82,296円88,080円78,624円
iPhone7
128MB
90,720円93,960円99,840円90,504円
iPhone7
256MB
102,600円105,624円111,840円102,384円
iPhone7+
32MB
92,880円96,552円99,840円92,664円
iPhone7+
128MB
104,760円108,216円114,000円104,544円
iPhone7+
256MB
116,640円119,880円126,000円116,424円

各社ばらばらの価格設定です。純粋な端末料金であればapple storeが一番安くなっています
auの毎月割、docomoの月々サポート、SoftBankの月月割を含めると比較がしにくくなるので、そちらは月々の通話料金に加算して比較します。

 2.iPhone7、iPhone7 plusの通信料金比較

通信料金24ヶ月合計(税込)の比較をしてみます。
格安SIMは割と評判の良いmineo(マイネオ)で検討しました。
docomoの一番安いデータプランが5GBのため5GBで比較しています。

 audocomoSoftBankmineo
auへの転出手数料
(MNPの場合)
03,240円3,240円3,240円
事務手数料3,240円3,240円3,240円3,240円
通話 5分/回まで
(mineoは30分/月まで)
44,064円
(1,836円
×24ヶ月)
44,064円
(1,836円
×24ヶ月)
44,064円
(1,836円
×24ヶ月)
21,768円
(907円
×24ヶ月)
データ定額 5G129,600円
(5,400円
×24ヶ月)
129,600円
(5,400円
×24ヶ月)
129,600円
(5,400円
×24ヶ月)
59,088円
(2,462円
×24ヶ月)
インターネット利用料7,776円
(324円
×24ヶ月)
7,776円
(324円
×24ヶ月)
7,776円
(324円
×24ヶ月)
0
月々割引
(iphone7 128GBの場合)
-56,235円
(-2,445円
×23ヶ月)
-53,406円
(-2,322円
×23ヶ月)
-74,290円
(-3,230円
×23ヶ月)
0
チェンジ割0-10,200円
(-850円
×12ヶ月)
00
合計128,445円124,314円113,630円87,336円

iPhone7とiPhone7 plusで月々割引(auの毎月割、docomoの月々サポート、SoftBankの月月割)が僅かに違ってくるのですが、ここではiPhone7 128GBでの料金としています。
月々割引(auの毎月割、docomoの月々サポート、SoftBankの月月割)は3大キャリアともに機種変更月は適用されないため23ヶ月分としています。
mineoのAプランはiPhone7でテザリングができないためDプランの料金にしています。

24ヶ月の通信料金の合計ではmineoが一番安くなっています
auは3GBのプランが、mineoは500MB・1GB・3GBのプランがあるのでauまたはmineoなら更に安い通信料金にすることもできます。
auの1GBとSoftBankの1GBのプランは月々割引適用外なので機種変更時にはお得にならないのです。

 3.端末料金+通信料金の比較

上記の端末料金と通信料金を合算してみます。

 audocomoSoftBankapple store + mineo
端末料金
(iPhone7 128GB)
90,720円93,960円99,840円90,504円
通話料金128,445円124,314円113,630円87,336円
合計219,165円218,274円213,470円177,840円

apple store で端末購入してmineoと契約するのが一番安いのです。
mineoにMNPすればauで機種変更するよりも41,325円も安くなります。

しかし端末料金と通信料金以外にも考慮する点ががあるので悩むところです。

 4.その他の考慮すべき点

①2年縛り

3大キャリアの2年縛りにうんざりしている方も多いのではないでしょうか。できることなら2年縛りから抜け出したいものです。
格安SIMもキャリアによって違うのですが、2年よりは短いところが多いようです。
例えばmineoは契約翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は転出手数料12,420円(税込)、13ヶ月以降は2,160円(税込)となっています。

②auスマートバリュー

スマートバリューはauの携帯電話と合わせて指定の固定通信に契約している場合に適用される割引です。wifiルーターとの組み合わせ割引スマートバリューmineもあります。
データ定額5で契約している場合最大2年間にわたり毎月1,410円の割引、24ヶ月合計で33,840円の割引になります。これは大きいです。
auのサイトで指定の固定通信や割引金額を確認してみてください。
www.au.kddi.com/mobile/charge/usage-fee-discount/smartvalue/

docomo にも光通信加入と合わせた割引があります。

③クーポンやポイント

auから郵送されてきたクーポンや溜まっているポイントがあればそちらも合わせて考えます。
J:COMやじぶん銀行からもauの機種変更クーポンがもらえることもあります。
クーポンは使用条件が細かく規定されている場合が多いのでよく読んで確認します。

④現在使用している端末の下取り

下取り価格を比較してみます。

機種audocomoSoftBank
iPhone6s+35,600円30,000円26,400円
iPhone6s32,400円27,000円24,000円
iPhone6+27,000円25,000円21,600円
iPhone624,840円22,000円21,600円
iPhone5s22,680円22,000円21,600円
iPhone5c11,880円6,000円7,200円

3大キャリアは下取りサービスがありますが格安SIMキャリアには下取りサービスがありません。
ヤフオクや買取ショップで売ることになります。美品は高く売れますが金属面の些細な傷でもヤフオクや買取ショップでは安くなってしまいがちです。
3大キャリアの下取りは些細な傷は関係なく決まった価格で安心です。中でもauはキャリアの中では下取り価格が高く郵送でも下取り手続きができるので手間が少なくて済みます。

⑤キャリア固有のサービス

3大キャリアにはそれぞれ売りにしているサービスがあります。格安SIMにはない魅力的なサービスを提供していることもあります。
例えばアメリカ本土やハワイに行くことが多ければSoftBankアメリカ放題が便利です。

格安SIMに移る気満々だったのですが、スマートバリューが適用できるしiPhone6には少し傷が付いてしまっているので今回はauで機種変更にしようかなと思っています。
スマートバリューの適用がなくて使用中の携帯が美品(または逆に古いので下取り価格は気にしない)方は格安SIMに移る方が良いのではないでしょうか。

強化ガラス保護フィルム。軽めの衝撃であればヒビ割れなし。割れた場合も飛散防止の役割を果たしてくれます。仮止めシール付きの親切な説明書で失敗せずに貼れました。

ストラップホール付きのシンプルなクリアケース。側面はTPU素材なので衝撃にも強いです。

iPhoneを機種変更する前にやっておくことのリストです。

iPhone 7に機種変更する前にやっておくこと
iPhone を機種変更する前にやっておくこと。 バックアップデータのとり方やSNSアカウントの引継の仕方など、事前にやっておくべきことのリストです。

あわせて読みたい