ポーラ美術館コレクション展と山田五郎さんアートトーク

ポーラ美術館コレクション展の関連イベントとして山田五郎さんのアートトークがあるということで、日曜日に佐賀県立美術館まで行ってきました。
福岡市から佐賀市って、近いようで遠い。天神バスセンターから佐賀駅バスセンターまで高速バスで1時間16分ほどです。自宅から佐賀県立美術館まで2時間かかってしまいますが、五郎さんがいらっしゃるのならば、がんばって早起きして遠出します。好きです、五郎さん!

美術館に到着早々、たいへんな恐怖に見舞われてしまうのだけど、それは次回のお話で。

ポーラ美術館コレクション展に来たのにロビーに「殺気」って書があって怖かったよ
ポーラ美術館コレクション展にモネやルノワールやピカソ見に来たのに、ロビーに「殺気」って書があって怖かったよ。

午後からの五郎さんの講演の前に、午前中は展示を鑑賞。
箱根のポーラ美術館にはいまだ行ったことはないのだけど、いつか行きたいなと思っている美術館。そのコレクションから72点の作品の展示です。

「モネ、ルノワールからピカソまで」というタイトルの通り19世紀後半から20世紀前半の絵画を、近代美術の流れに沿って3部に分けて構成してありました。
第1セクション「光の中へー印象派の革新と影響」、第2セクション「躍動する色彩 ポスト印象派からフォーブへ」、第3セクション「造形の冒険 ピカソとブラック」、この3部構成、大変わかりやすいです。展示ボリュームが少ないような気もするのですが秀作が多いので満足度も高いです。印象派もいいのですが、フォービズムの作品も充実していて見応えありました。印象派やフォービズムの作品は実物を見ると彩度がものすごく高くて、その色彩の鮮やかさだけでも心を奪われてしまいます。印刷物ではわからない鮮やかさを体験するためにわざわざ美術館に足を運んでしまいます。

8歳の頃に両親に大原美術館へ連れて行ってもらったことが美術館の原体験となっているので、やはり印象派は好き。初めてルノワールを見た時の感動を覚えています。子供にもわかる直感的な美しさを持った絵なのでしょう。

印象派が日本でどうしてこんなに人気があるのかとずっと疑問に思っていたのだけど、五郎さんが講演会で「日本で印象派に人気があるのは美しい色彩、浮世絵に影響を受けた平面的な構図というのもあるけど、「神話や宗教の主題がない」っていうのも大きな要因と思います」と言われていたので腑に落ちました。「神話や宗教の主題」って日本人にとっては馴染みが薄くて、「お勉強」して知識として持っていないと西洋美術の鑑賞が上辺だけで終わってしまう。でも印象派は自然の美しさや人間の美しさを主題としたものが多いので、すんなり直感的に受け入れられるのでしょう。五郎さん、さすがです!

まもなく山田五郎アートトーク

まもなく山田五郎アートトークわくわく


さて、午後からはお待ちかね五郎さんのアートトークでした。印象派の前にまずは保守的なパリのサロンの解説から始まり(そこからやらないと印象派の新しさが説明できない)、印象派、あと駆け足でポスト印象派、フォービズム、キュビズム。予定の1時間を超えてお話ししてくださいました。本当に話すのが上手い!

五郎さんの講演の印象に残った点
マネと印象派との関係は、たけしとたけし軍団との関係と同じ
ルノワールとモネは仲良しだけど、絵の主題がまるで違う。きっと違いすぎるから仲良くできたんだろう
女好きのルノワールは女を描くのが大好き。モネは自然の移ろいを描き取るのに必死。ルノワールはモネのことを「あいつ睡蓮とか描いて何が楽しいの?女描いてた方が楽しいのに」って思ってたんじゃないかな
印象派はチャラい(わたしもかねがねそう思ってました!)
セザンヌは田舎者なので印象派のチャラさになじめずに田舎にもどった
セザンヌの良さは通しかわからないので、知ったかぶりをしたいときは「セザンヌいいねー」って言うとよい
五郎さんもセザンヌの良さは50歳すぎるまでわからなかった
日本で印象派に人気があるのは「神話や宗教の主題がない」っていうのも大きな要因

本当に楽しい1時間でした。五郎さんありがとうございます!

話しは遡りますが、この日の朝わたしは恐怖体験をしてしまったのです。それも美術館ロビーで。わたしを恐怖に陥れたものとは!?番外編に続きます。

ポーラ美術館コレクション展に来たのにロビーに「殺気」って書があって怖かったよ
ポーラ美術館コレクション展にモネやルノワールやピカソ見に来たのに、ロビーに「殺気」って書があって怖かったよ。

帰りに寄ったおすすめカフェ「03coffee」の記事はこちら。

佐賀のカフェ「03coffee」
佐賀市にある素敵なカフェ「03coffee」に行ってきました。佐賀県立美術館から近いので展覧会の帰りにゆったりと美味しいコーヒーがいただけます。

ぶら美は毎週欠かさず観てます。大好き五郎さん!


あわせて読みたい