海外でiPhoneを盗難されたときにするべき3つのこと

去年に引き続き今年もバルセロナとパリに行くことにしました。
盗難にあわないようにできる限りの対策はしておきますが、ナイフを持った強盗に遭ってしまうことだってあるかもしれません…。(幸いそんな経験はありませんがナイフを持った人には逆らってはいけません)
不運にも海外でiPhoneを盗難されてしまったときにするべき大切な3つのことを書いておきます。
盗難されて慌てて読むのではなく、渡航前に目を通しておくといざというときに落ち着いて行動できます。

海外旅行のスリ対策はこちらの記事も参考にどうぞ

バルセロナ、パリ #2 スリ対策-ガジェットは多く持つべからず
海外旅行でスリに遇わないために!7つの防犯対策でスリを絶対に寄せ付けないようにしよう!

1. iPhoneを一時的に回線停止する手続きをする

単なる紛失ではなく盗難とわかっている場合は「iPhoneを探す」機能で探している場合ではありません。契約している携帯会社(docomo・au・softbank)に連絡して回線停止の手続きをします。
なぜならiPhoneを盗難され不正使用された通話料には海外旅行損害保険は適用されないからです。

先日バルセロナでiPhoneを盗難されて約100万円の請求が来てしまった方がいます。この方は盗難にあってから15時間後に使用停止にしたそうですが、その間にさんざん使用されてしまったようです。パスコードロックも設定されていたようですがそれでも被害にあっています。この場合はあまりにも大きな金額なのでsoftbankが救済措置を取ってくれたようですが、すべてのケースで救済措置を取ってもらえるわけではないとのこと。まずは急いで使用停止にしましょう。

iCloudで「iPhoneを探す – Apple」設定をした自分のPCやタブレットを旅行中も携帯している場合は紛失モードを使ってiPhoneをロックすることができますが、simカードを抜き取られて不正利用される可能性もあるので回線停止にするのが安全だと思います。盗難ではなく単なる紛失であれば回線停止の前に「iPhoneを探す」機能で探してみても良いかもしれません。回線停止してしまうと「iPhoneを探す」機能は使えなくなります。

「iPhoneを探す」機能の詳しい説明、設定や操作はこちらの記事をご参考にどうぞ

iPhoneをなくしたら…「iPhoneを探す」
iPhoneをなくしてしまったら「iPhoneを探す」機能をつかって探しましょう。 iPhone / iPad / iPod touch / mac を探すことができます 事前の準備、具体的な操作方法について説明します。
iPhoneを回線停止にする方法


■インターネットを利用できる場合
以下のサイトから回線停止の設定ができます。
 docomoMy docomoのドコモオンライン手続きで設定できます
 auauお客さまサポートで設定できます
 soft bankMy SoftBankで設定できます

■インターネットを利用できない場合
日本のサポートセンターに電話して回線停止します。
海外のホテルや公衆電話から以下の番号で通じます。
国番号は入っているのでそのままダイアルしてください。
 docomo:800-0120-0151
 au:81-3-6670-6944
 soft bank:81-92-687-0025

上記の連絡先は現時点のもので、変更になることがあります。渡航前に紛失・盗難時の手続き方法を一通り読んでおくことをお勧めします。
 docomo
 au
 soft bank

2. 警察に行き盗難証明書を発行してもらう

盗難証明書(certificate of theft)を発行してもらうために警察に行きます。
海外旅行損害保険の請求をするときに盗難証明書は必要となりますので必ず警察に行きましょう。
警察の場所、担当部署がわからない場合はホテルで相談に乗ってもらうと良いでしょう。
身分証明としてパスポートも持って行きます。
パスポートも一緒に盗まれてしまった場合はその旨を伝えます。
パスポートの盗難もまず警察に行き盗難証明書の発行、それを持って大使館に行きパスポートの再発行、となります。

警察で書類に記入すること、訊ねられることはだいたいこんなことのようです。
現地の言葉が話せない場合、少なくとも英語で伝えられるようにしておきます。
・名前、自宅住所、現地滞在先
・盗まれたもの、盗まれたもののおおよその金額
・盗まれた場所、時間、状況、犯人の容姿

盗難証明書(certificate of theft)が必要なので発行してくださいと伝えます。

3. 海外旅行損害保険の請求をする

海外旅行損害保険は渡航前に加入しておきましょう。クレジットカードに保険が付帯している場合もあるので調べておきましょう。
帰国してから警察で発行してもらった盗難証明書iPhone購入時の領収証を提出して保険金の申請をします。
iPhone購入時の領収書が必要となるので用意しておきましょう。ただし全額保証されるわけではなく、購入後の使用期間が長いとその分差し引かれます。
詳細は加入している保険会社に問い合わせてみてください。

「AppleCare + for iPhone」には紛失・盗難の保証はついていません。各キャリアには紛失保証のオプションがあるのでそちらを利用するとよいでしょう。

iPhoneの紛失保証のオプションについてはこちらの記事をご参考にどうぞ

「AppleCare+ for iPhone」でiPhoneの紛失・盗難を補償は受けられれないの?
「AppleCare+ for iPhone」にiPhoneの紛失・盗難を補償は含まれていません。各キャリアの紛失・盗難を補償サービスについて比較します。

携帯電話会社で購入時に紛失保証のオプションをつけている場合は「再購入補償金」が支払われます。加入している方は忘れずに請求手続きをしましょう。

iPhoneは海外旅行の間だけでも ストラップがつけられるケース + ストラップ をつけるといいです。

海外旅行のお役立ち記事の一覧です

海外旅行のお役立ち記事 目次
海外旅行のお役立ち記事の目次です。スリの予防方法、荷物のパッキングリスト、海外でのiPhoneの設定、ユーロの両替、盗難にあった時の対処、美味しいレストラン、海外のLCC、旅行写真などまとめています。

海外用レンタルWi-Fiはこちらの記事を参考にどうぞ

海外でiPhoneを使う #2 海外用レンタルWi-Fi
海外でiPhoneを使う 海外用レンタルWi-Fiの料金とiPhone設定を解説します

海外旅行の持ち物リスト(機内手荷物編)

バルセロナ、パリ #3 持ち物リスト(機内手荷物編)
海外旅行の持ち物リストの機内手荷物編です。これさえチェックしておけば忘れ物なしです。

海外旅行の持ち物リスト(スーツケース編)

バルセロナ、パリ #4 持ち物リスト(スーツケース編)
海外旅行の持ち物リストのスーツケース編です。身軽に、でも必要なものは確実に持って行きたいですね。

あわせて読みたい