海外でiPhoneを使う #4 現地のプリペイドSIM

海外でiPhoneを使う方法はいくつかあります。

海外でiPhoneを使う方法 目次


 1. 国際ローミングサービス
 2. 海外用レンタルWi-Fi
 3. フリーWi-Fi
 4. 現地のプリペイドSIM(この記事)

海外でのプリペイドSIM使用の概要

キャリアの国際ローミングサービスの料金は結構高いし、滞在が長くなるとレンタルWi-Fiでもそこそこのお値段、かといってフリーのWi-Fiだけでは心許ない。という方は現地でプリペイドSIMを購入するのが良いと思います。今まではフリーのWi-Fiだけでなんとか凌いでいましたが、今回は長めの滞在ということもあり、バルセロナでOrangeロンドンでEEのプリペイドSIMを購入して使いました。簡単に購入・設定できたし街中でネットに繋げられて助かりました。google mapのお世話になりっぱなしでした。

レンタルWi-Fiと現地のプリペイドSIM、価格で比較すると圧倒的に現地のプリペイドSIMが安いです。ただし現地のプリペイドSIMを使うにはSIMフリーのiPhoneが必要です。SIMフリーのiPhoneをすでにお持ちで現地で携帯ショップにSIM購入に行く余裕のある方は現地のプリペイドSIMの利用をおすすめします。30分程度で購入・開通できます。

わたしのiPhoneはSIMフリーではないので、iPad mini2のWi-Fi+CellularのSIMフリーモデルを購入して現地のプリペイドSIMを挿して使いました。
OrangeEEもテザリング(インターネット共有)できたのでiPhoneでもネットが使えました。

スペインの Orangeイギリスの EE ともにプリペイドSIM購入方法・iPhoneの設定はほぼ同じです。
Orangeは購入の際に身分証(パスポート、コピーは不可)の提示が必要でしたがEEは身分証は必要なしでした。
プリペイドSIMは「Pay As You Go」と呼ばれています。追加チャージは「Top Up」です。

スペインの Orange は「Ballena」というプランにしました。
30日ごと 1GBのデータ 通話無料 12c/TEXT で €8.95です。
ただし、オフィシャルサイトには書かれていませんが契約は2ヶ月から、2ヶ月で €20と言われました。
不可解ながらもvodafoneに行くのも面倒だし時間がもったいないしで仕方なく2ヶ月で契約しました。帰国するときにスペインに残る友人に渡してきたのでしっかり2ヶ月使いました。
 →http://en.orange.es/mobile-service-plans/pay-as-you-go-plans/ballena/
イギリスのEE は「£15 Everything Pack」というプランにしました。
30日ごと 2GBのデータ 500分の通話 TEXTは無制限で £15です。
 →http://shop.ee.co.uk/mobile-tariffs/sim-only-plans

プリペイドSIMの購入と設定

 1. SIMフリーのiPhone(またはiPad)を英語モードにしておく

英語モードにしておくと店員さんが設定までやってくれます。
スペインでもiPhone設定程度の英語であれば理解してくれます。

 設定 一般 言語と地域 「iPhoneの使用言語」を「English 英語」に設定
150815_04

 2. 契約したい事業者の店舗に行く

バルセロナではOrange、ロンドンではEEに行きました。
事前に店舗の場所を調べておくと良いです。大抵繁華街に1軒はあります。
Orangeは購入の際に身分証(パスポート、コピーは不可)が必要でした。EEは必要ありませんでした。
他の事業者はわかりませんが念のためパスポートを持って行くと良いです。

 3. 店員さんに「Pay As You Go」が欲しいと伝える

店舗に行くと順番待ちの番号の紙を受け取り(日本にもある機械のやつ)待っていると店員さんが対応してくれます。「Pay As You Go」のプランの説明を受けてから、加入したいプランの契約をします。
このときOrangeではパスポートを提示させられました。
契約時に料金を支払います。クレジットカードまたは現金が使えます。

 4. iPhone(またはiPad)の設定をしてもらう

契約が済んだら、そのまま iPhone(またはiPad)の設定をしてもらいます。
OrangeもEEもすぐに開通できたので、待ち時間も含めて設定が終わるまで所要時間30分程度です。
次回は自分で設定できるように画面を見せてもらいながら設定方法を教えてもらいます。

 5. 「Top Up」(追加チャージ)などの説明をしてもらう

設定が済んだら「じゃあね〜」みたいな軽さで終わりになりますが
わからないことはこの場で遠慮せずにしっかり訊いておきます。
例えば「Top Up」(追加チャージ)の方法などです。

 6. iPhone(またはiPad)を日本語モードに戻す

iPhone(またはiPad)を日本語モードに戻します。これで準備完了です。

海外でiPhoneを使う方法 関連記事


 1. 国際ローミングサービス
 2. 海外用レンタルWi-Fi
 3. フリーWi-Fi
 4. 現地のプリペイドSIM(この記事)

google mapに頼ると電池の消耗が激しいのでモバイルバッテリー必須です。

海外でiPhoneを盗難されたときの緊急の対応方法

海外でiPhoneを盗難されたときにするべき3つのこと
旅先で盗難に遭わないように気をつけるのがいちばん重要。だけど運悪く海外でiPhoneを盗難されてしまったときの対処方法です。渡航前に一読してもしものときに備えましょう。

海外旅行の持ち物リスト(機内手荷物編)

バルセロナ、パリ #3 持ち物リスト(機内手荷物編)
海外旅行の持ち物リストの機内手荷物編です。これさえチェックしておけば忘れ物なしです。

海外旅行の持ち物リスト(スーツケース編)

バルセロナ、パリ #4 持ち物リスト(スーツケース編)
海外旅行の持ち物リストのスーツケース編です。身軽に、でも必要なものは確実に持って行きたいですね。

こちらも参考にどうぞ!海外旅行のお役立ち記事一覧

海外旅行のお役立ち記事 目次
海外旅行のお役立ち記事の目次です。スリの予防方法、荷物のパッキングリスト、海外でのiPhoneの設定、ユーロの両替、盗難にあった時の対処、美味しいレストラン、海外のLCC、旅行写真などまとめています。

あわせて読みたい