お花見や運動会にぴったりのモダンな重箱と風呂敷

重箱というとお正月のお節料理の器といったイメージが強いのですが、最近は普段使いもできるモダンな重箱がお手頃な価格で手に入ります。
お花見やピクニックや運動会に使いやすい大きさの重箱があるとお料理も一層美味しそうに見えて楽しさが倍増します。
これからのお花見の季節に活躍しそうな重箱と風呂敷を紹介します。

 六寸漆三段重箱

お気に入りの水玉模様の漆の六寸三段重箱です。外は黒やショコラブラウン、内は朱色、蓋は黒地に水玉のとてもモダンなデザイン。わたしはシンプルな銀色の水玉模様を選びましたがカラフルなのもとっても可愛いですよね!
気張らない普段のお弁当のおかずのような唐揚げや卵焼きやおにぎりを詰めただけでもちょっと特別な感じが出ます。
縦182mm × 横182mm × 高さ182mmの立方体の姿もコンパクトで愛らしいです。3段使いだと大人3人前、または大人2人前+子供2人前くらいです。
プラスチックの仕切りが付いているのもとっても便利。四つ仕切りと九つ仕切りが選べます。使いやすいのは四つ仕切りだと思います。
一段分しか仕切りが付属していないので、二段分追加して一緒に買っておくといいです。(後で買うと送料がかかるため)
わたしは三段分の仕切りを付けています。プラスチックなのでお手入れも楽です。

一番上と↓の写真がわたしの重箱です。六寸の大きさのイメージつかめるでしょうか?
↓は三段で足りずに二段追加しました。

160317_02

 六寸白木三段重箱

憧れの白木の重箱。ずっと欲しいと思ったままですが、いつか白木の重箱でお花見ができる日が来るといいなぁ…
と、商品チェックだけは怠らず暇があれば探しています。
この六寸白木三段重箱は仕切りが付いていて使いやすそうです。サイズは縦182mm × 横182mm × 高さ170mmです。
重箱と同素材の白木の仕切りが付けられてとても上品です。
黒塗りの重厚な重箱に比べるとさっぱりとした遊びのあるデザインなので、和食はもちろん洋風オードブルも中華も似合いそう。
自宅で一段を一人前の器としてお弁当風に盛り付けても映えると思います。素敵です。
画像を眺めているだけで盛り付けたいお料理がどんどん浮かんできて止まりません。欲しい、欲しいよ。

 七寸竹製三段重箱

六寸だと少し小さいかな、という場合は七寸重箱がいいかもしれません。
サイズは縦210mm × 横210mm × 高さ210mmです。大人4人前くらいでしょうか。
竹の目も美しくて、飾りすぎない温かな色と質感です。
重箱と同素材の竹製の仕切りが付けられています。仕切りは大事です。
仕切りがなければどうやってお料理を詰めて良いか途方に暮れてしまいますし、持ち運んで広げた時に料理が片方に寄っていたら大変残念な気持ちになってしまうからです。
内側も色をつけずに竹の木目を残した仕上げになっていて、気張らず自宅で使いたくなるような温もりのある重箱です。大切に使い続けると飴色を帯びた落ち着いた色合いに変化しそうです。

 重箱用風呂敷

風呂敷_200px

六寸三段重箱がすっぽり入る700mm四方の風呂敷です。
和傘柄は水玉模様の重箱にぴったり。市松+縞模様の組み合わせのレトロモダンな柄や爽やかな桂柄などどれも欲しくなってしまいます。
素敵な風呂敷で包んでいると出かける前から浮かれてしまいます。
生地は綿100%だから汚れても洗濯機で洗えます。
お手頃価格なので何枚か持っていてもいいですで。
ちょっとしたプレゼントにも良いのです。お友達と柄違いで使っても楽しめますね。