海外でiPhoneを使う #3 フリーWi-Fi

海外でiPhoneを使う方法はいくつかあります。

海外でiPhoneを使う方法 目次


 1. 国際ローミングサービス
 2. 海外用レンタルWi-Fi
 3. フリーWi-Fi(この記事)
 4. 現地のプリペイドSIM

フリーWi-Fi接続の概要

キャリアの国際ローミングサービスの料金は高いし、レンタルWi-Fiルーターで常時接続はしなくてもよい、という方はフリーのWi-Fiにだけ接続するのも良いと思います。余分な出費はないし、ルーターの充電の心配もいりません。わたしは今年 現地のプリペイドSIMを使ってみましたが、昨年まではフリーWi-Fiのみで乗り切っていました。なんとかなりました。
この場合、Wi-Fiに快適に接続できるホテルを選ぶのが肝心です。ホテルでWi-Fiが利用できないとつらいことになります。
ホテルの無料Wi-Fiで情報収集や日本の家族友人との連絡をし、街ではマクドナルドやスタバやカフェなどで休憩がてらWi-Fiを利用するのです。美術館などの公共施設でも無料Wi-Fiを提供しているところが多いので利用します。GoogleMapのオフライン保存機能も駆使します。
ただしホテルやお店のWi-Fiは速度が遅いことが多いので、アプリや地図データなどは渡航前にダウンロード・更新して準備しておくことをおすすめします。

iPhoneのWi-Fi接続の設定

 1. キャリアの国際ローミングに自動接続しないように「機内モード」をオン

うっかり国際ローミングに接続してしまうと2,980円/日が請求されます(いわゆる「パケ死」)
 設定 「機内モード」をオン
150814_16

 2. 「Wi-Fi」をオン

 設定 「Wi-Fi」をオンにして接続するWi-Fiを選択
150814_14

 3. パスワードが必要なな場合はパスワードを入力

パスワードはホテルやお店で訊きます。
公共のフリーWi-Fiはパスワードが必要ありませんが、
アカウント登録が必要な場合もあります
 設定 Wi-Fi Wi-Fiのパスワードを入力
150814_15

Wi-Fiでは通常の携帯電話としての音声通話はできませんが、LINEやSkypeなどのアプリを使用すれば音声通話やビデオ通話が可能です。
使用する場合は渡航前にアプリをダウンロードしてアカウントを登録しておきます。

海外でiPhoneを使う方法 関連記事


 1. 国際ローミングサービス
 2. 海外用レンタルWi-Fi
 3. フリーWi-Fi(この記事)
 4. 現地のプリペイドSIM

海外旅行にはコンセントのアダプター必須です。

海外でiPhoneを盗難されたときの緊急の対応方法

海外でiPhoneを盗難されたときにするべき3つのこと
旅先で盗難に遭わないように気をつけるのがいちばん重要。だけど運悪く海外でiPhoneを盗難されてしまったときの対処方法です。渡航前に一読してもしものときに備えましょう。

海外旅行の持ち物リスト(機内手荷物編)

バルセロナ、パリ #3 持ち物リスト(機内手荷物編)
海外旅行の持ち物リストの機内手荷物編です。これさえチェックしておけば忘れ物なしです。

海外旅行の持ち物リスト(スーツケース編)

バルセロナ、パリ #4 持ち物リスト(スーツケース編)
海外旅行の持ち物リストのスーツケース編です。身軽に、でも必要なものは確実に持って行きたいですね。

こちらも参考にどうぞ!海外旅行のお役立ち記事一覧

海外旅行のお役立ち記事 目次
海外旅行のお役立ち記事の目次です。スリの予防方法、荷物のパッキングリスト、海外でのiPhoneの設定、ユーロの両替、盗難にあった時の対処、美味しいレストラン、海外のLCC、旅行写真などまとめています。

あわせて読みたい