バルセロナ、パリ #8 ユーロ両替-現金両替

日本円からユーロに両替する方法、悩みます。
旅行前の検討と旅行中の経験からユーロ両替の安全性・利便性・手数料を比較してみます。

 2. 現金両替

国内では銀行、郵便局、金券ショップ、両替商で外貨の現金両替ができます。海外では銀行、両替商で両替できます。
ユーロの現地両替はレートが悪かったり手数料が高かったりするのであまりおすすめできません。ある程度の両替は日本でしておくのがよいと思います。

銀行のレートと手数料
ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行 公示仲値レート+手数料4円/ユーロ
みずほ銀行 公示仲値レート+手数料6円/ユーロ
「公示仲値レート」とは所謂「為替レート」を基に金融機関がそれぞれ独自に定めたレートなので些細なばらつきがありますがほぼ同じと考えてよいかと思います。
みずほ銀行は高い手数料ですね。

金券ショップでもユーロの現金両替を取り扱っています。
大黒屋 公示仲値レート+手数料4円/ユーロ
大黒屋は銀行と同じくらいです。もっと安い手数料のショップがあれば狙いめです。

両替商でもユーロの現金両替を取り扱っています。
Travelex(トラべレックス) 手公示仲値レート+手数料4〜4.5円/ユーロ
公開されているのは手数料込みのレートなので正確な手数料はわかりませんが計算してみるとだいたい4~4.5円/ユーロくらいです。

トラべレックスは3万円からオンライン購入もでき、店舗購入よりもレートが良いのです。
オンライン購入はJCBカードが使用できるので銀行振込の手間なくクレジットカードのポイントもつきます。
たとえば、本日のユーロ現金両替のレート(手数料込み)は1ユーロ
三菱東京UFJ銀行 132.53円
トラべレックス 132.2401円
となっていて銀行よりも有利なレートです。

今回はトラべレックスのオンライン購入・店舗受け取りで両替してみました
宅配もしてもらえますが10万円未満の場合は700円の送料がかかります。出発前に関西空港の店舗で受け取ることができ、とても便利でした。

現金とパスポート用のセキュリティポーチがあると安心です。

海外旅行に行く時のスリ対策

バルセロナ、パリ #2 スリ対策-ガジェットは多く持つべからず
海外旅行でスリに遇わないために!7つの防犯対策でスリを絶対に寄せ付けないようにしよう!

海外旅行の持ち物リスト(機内手荷物編)はこちらへ

バルセロナ、パリ #3 持ち物リスト(機内手荷物編)
海外旅行の持ち物リストの機内手荷物編です。これさえチェックしておけば忘れ物なしです。

海外旅行の持ち物リスト(スーツケース編)はこちらへ

バルセロナ、パリ #4 持ち物リスト(スーツケース編)
海外旅行の持ち物リストのスーツケース編です。身軽に、でも必要なものは確実に持って行きたいですね。

海外でiPhoneを盗難されたときの対処はこちらの記事を参考にどうぞ

海外でiPhoneを盗難されたときにするべき3つのこと
旅先で盗難に遭わないように気をつけるのがいちばん重要。だけど運悪く海外でiPhoneを盗難されてしまったときの対処方法です。渡航前に一読してもしものときに備えましょう。

海外旅行のお役立ち記事の一覧です

海外旅行のお役立ち記事 目次
海外旅行のお役立ち記事の目次です。スリの予防方法、荷物のパッキングリスト、海外でのiPhoneの設定、ユーロの両替、盗難にあった時の対処、美味しいレストラン、海外のLCC、旅行写真などまとめています。

あわせて読みたい